今更ですが・・・・・健康とお金って大事!

40代。新しことに挑戦していくよ。

興奮気味の担当女医さん。。

8月2日
本当にやばかったみたい。

担当の【個性的な女医さん】から、手術後の詳しい説明があった。

骨棘をドリルで削り、神経を強く圧迫している部分がを取り除いた所、圧迫していた部分が少しだが元に戻るのを顕微鏡でみたらしい。

「取り除いたら、ピョンって神経がもどって来たんですよ!」
って興奮気味に教えてくださった(笑)
 
本当に可愛らしい人だ。
 
確かに術前は、首の後ろを押さえつけられているような違和感があった。

この違和感のおかげで、睡眠が連続してとれず、2時間以上つづけて、眠れなかった。

違和感が無くなったので、これからは普通に眠る事が出来そう。
 
 話は横道に逸れる。
入院生活は、何がつらいって痛みや病院食の不味さや不自由さは慣れてくる。

慣れたころに、暇を持て余すのが一番辛いかもしれない。
 
TVを見るか、本を買って読むかくらいだろうか。

せめてネットが繋がればいくらでも暇つぶしできるのに、病院内はWi-Fiすら飛んでいない。
 
Wi-Fiについて、色々と調べてみた。

各社、様々なプランでWi-Fiを提供している。
 
殆どの所が3日間10Gまで、月間30Gまでとかの通信制限がかかるようだ。

入院生活をしていると、時間を持て余すのでyouTubeなんか見始めると、あっという間に通信制限を超えてしまう。
 
通信制限なんとかならない?

・無制限ので契約できるところないか?

・出来るだけ安く使いたい。

・入院期間だけなので、解約違約金等のないところは?
 
なるべくなら安いところがよい。
調べてみると、民泊Wi-Fi等という聞きなれないものが見つかった。
 
民泊を経営していなくても、個人で契約できるようだし、最初の2か月間は月額2480円と格安だ。
 
しかも通信制限が一切かからないので、動画も何も見放題!!
 
解約違約金の発生も無く、入院期間が終われば機材を返却して解約すればいい。
 
早速頼んで使ってみる事にした。
 
頼んだ翌日に、病室まで届いた。
しばらくは、ブログもオフライン作業だと思っていたが助かった。
 
環境設定も簡単で、機会に疎い私でも1分もかからなかった程だ。
 
使用感については、とにかく早い。
 
youTubeもHQサクサク観られるので、入院生活の必需品になるだろう。
使っていて気付いた事などは、追々書いていくと思う。