今更ですが・・・・・健康とお金って大事!

40代。新しことに挑戦していくよ。

大富豪の仲間入り?【ドバイのエミレーツ航空エグゼクティブアドバイザー!?】何事だ!!?

ドバイと言えば、中東産油国の中で1,2を争う裕福な国ですね。

観光も盛んで、世界各地からセレブリティ達が集まり、凡人の私なんかでは想像も

つかないお金が飛び交っています。

 

今朝方、Facebookを覗いてみると友達リクエストの欄に、ドバイよりリクエストが来ていました。

何分、すべて英語ですので翻訳は友達承認して後にすればよいか、と承認してからしばらく放置しておいたのです。

 

彼のページをみてみると、偉く親しげに著名人と握手を交わしていたり、式典での写真だったりと、どうやら【私はドバイは権力者の一人だ】と言いたげ。。。

 

少なくとも、私の知っている権力者たちはFacebookを利用しているとは思いませんし、誰にでも広く連絡ルートを開いている人など居ないでしょう。

 

その彼から直接メッセンジャーが来ました。

こんな感じです。

 

Hello  Mendoza
I am Mr.jamal bin galathia , a Executive Officer, Emirates here in U.A.E. I believe it is the wish of God for me to come across you now. I have been in search of someone with this last name Mendoza  so when I saw you online, I was pushed to contact you and see how best we can assist each other. I am having an important business discussion I wish to share with you which I believe will interest you, because it is in connection with your last name and you are going to benefit from.
One Late Peter Mendoza  a citizen of your country had a fixed deposit with my bank in 2005 for 108 calendar months, valued at US$40,000,000.00 (Fourty Million United State Dollars) the due date for this deposit contract was last 22nd of January 2015. Sadly Peter was among the death victims in the May 27 2006 Earthquake disaster in Java, Indonesia that killed over 5,000 people. He was in Indonesia on a business trip and that was how he met his end. My bank management is yet to know about his death, I knew about it because he was my friend and I am his account officer. Peter did not mention any Next of Kin/ Heir when the account was opened, and he was not married and no children.
Last week my Bank Management requested that Peter should give instructions on what to do about his funds, if to renew the contract. I know this will happen and that is why I have been looking for a means to handle the situation, because if my Bank Directors happens to know that Peter is dead and do not have any Heir, they will take the funds for their personal use, so I don't want such to happen. That was why when I saw your last name I was happy and I am now seeking your co-operation to present you as Next of Kin/ Heir to the account, since you have the same last name with him and my bank head quarters will release the account to you.
There is no risk involved; the transaction will be executed under a legitimate arrangement that will protect you from any breach of law. It is better that we claim the money, than allowing the Bank Directors to take it, they are rich already. I am not a greedy person, so I am suggesting we share the funds equal, 50/50% to both parties, my share will assist me to start my own company which has been my dream. Let me know your mind on this and please do treat this information as TOP SECRET. We shall go over the details once I receive your urgent response strictly through my personal Email
address:  jgalathia@gmail.com
 
あまりにも長いので要約すると、
「私は、エミレーツ航空のエグゼクティブオフィサーで、神のご意思によりあなたに出会いました。私はメンドーサ(私のFBハンドルネーム)という名字を探していました。うんぬんかんぬん・・・・とにかく連絡くれ。困ったことになっている。前任者の代わりに私の銀行の資産を引き継いでほしい。リスクは無い。」
みたいなことを書いてありました。
 
ここから、面白いやり取りを1時間ほどしたので紹介します。
 
sorry Im not interested.Such a good talk suddenly I can not believe it.And Mendoza is a handle name.
(ごめんね。そんな美味しい話突然言われても信じられないよ。それにメンドーサはハンドルネームだからね。)
 
Hello my friend I know it's hard to believe this story, all I want you to do is to contact my email for more details to your understanding and I also want to let you know I have all documents for you to claim this funds from my bank and I assure you there is no risk in this business.   My email.  ○○○○@gmail.com
(こんにちは。友よ。あなたがすべきこと、私のEmailに連絡すればいい詳細はそれからだ。私から言いたいのは、君がこの資金を要求する権利を持って要る事を知らせたい。尚、この件についてはリスクは無いと私は思っているよ。)
 
Do not you talk normally because I understood? First of all, if you do not know anything about each other, I can not do my best trying my best at work
(分かったから、普通に話さないか?まずはお互いに何者かしらないと仕事なんかやってられんよ。)
 
Did you read the business proposal letter i sent you?
(きみが送った提案書読んだことある?)
 
この時点で彼は混乱していますww私は、何の話かさっぱり分からないのでイラっとしました(笑)
 
ここからは日本語吹替でお送りしますw
 
「あんたに提案書なんて送ったことねえよ!なんの話をしているんだ?」
「この取引を成立する為に、私を助けてくれないか?」
「ちょっとまって。私の話を聞いて。私は日本人です。あなたの仕事を手伝えるようなスキルを持っていません。」
「あなたの事を知りませんし、とても怪しいと思っているからね。」
 
「おお友よ。スキルなんて要らないんだよ。私の指示に従うだけでいいんだ。」
 
だんだんオレオレ詐欺みたいになってきた。
この頃には、少し楽しくなり、こいつをからかってやろうと思っていた。www
 
「あんた見ず知らずの他人を簡単に信用できるのかよ?私には無理だよそんな事。」
「普通に異文化交流したかっただけだから。」
「もういいかげんにしろよ。」
 
「わかった。」
「じゃあ、友よ。なにが望みなんだ?」
 
私(こいつ人の話聞いてねえじゃねーかw)
「そうだねぇ~異文化の人と交流して自分の好奇心が満たされれば良いと思っている。」
 
「友よ。君は資金が欲しければ私を信用しなければいけないよ。」
 
私(資金欲しいなんて言ってないし💦もしかしてbotかな?)
「いいかい。よく聞きなよ。私は、あなたが言う資金など欲しくない。助けが欲しいなら他を探してくれないか。」
「ただ、あなたと話がしたかっただけだよ。もういいかい?」
 
「わかったよ。じゃあね。」
「はい。さようなら。」
 
何が目的だったかは分からないけれど、彼のEmailに私からアクション起こしたら、良くない事が起こるだろうね。
 
外国の人って日本人と違って、ゴリゴリ意見を押してくる。
 
そもそも英語で微妙なニュアンスを伝えるなんて、ましてや文章だけでは中学英語すら怪しい私には無理ですけれど。
 
まさか、こんなところで【ドバイのオレオレ詐欺】に合うとは思わなかった。
 
小さい時に、爺ちゃんが私と弟に、しょっちゅう言っていたのを思い出した。
「都会には魔物が住んじゅうき。高知が一番えいがよ。」
(都会には危険がいっぱいある高知県が一番良いところだよ。)
 
 
 
 


人気ブログランキング